CB'S STORY
LYRICS BY Mr.OMERI
PRODUCE BY SHIRANUI

昔、奴から近づいて来た様な頃もあった
その辺が俺等の始まりだった
奴のスキルにマジ飛ばされちまった
冷静な言葉に皆耳をかした
奴は腹ん中他人に見せず
話し合う事なく千葉を去った
ツレや友情なんて言葉はなく
手下と利害の一致のみで見限った
何が正しく、何が過ちか?
未だに俺には解らない行動
本当は感謝もしてるからずっと
納得行かねぇ想いもちょっと
常にクスぶってイラつくEVERY DAY
白黒つけてぇ感情はRAPで
許せねぇ、怒り全てマイクで
正面きってマジ上等のこの手

HOOK×2
憎しみの果て感情はあえて
マイク越しに語るココ千葉で
一人二人去って行った環境
だけど変わらず。。。

そして何時しか月日が経って
俺の環境も随分と変わったモンだぁ
昔からの変わらない仲間
突っ張った俺見て集まったヤツ等。。。
今は力が足んねぇが実際
今にテメーのケツまくるぜマイク
いつもハーコーで哀愁のこのスタイル
俺がこの地で突き通すストライク
シーンの中心「東京」の真横の
千葉のこの地"CB"に今立つ
アンチ メディアでワックな奴に問う
「オメーは俺の目見て話せっか?」
余りにも腐っちまったテメーの根性は
見せ掛けだけの関係だけに埋もれちまってる
みんな俺にコッソリと伝えてる
怯えてるヤツ逃げ込む場所を。。。

HOOK×2
憎しみの果て感情はあえて
マイク越しに語るココ千葉で
一人二人去って行った環境
だけど変わらず。。。
[PR]
by kingdomrecords | 2006-10-25 00:06 | "SS2" LYRICS
<< 悪だくみ2006 STREET'S SL... >>